リアルタイムのビートルズ (POD版)


ホーム まえがき 目次と索引 (PDF 1.2 MB) 内容見本 (PDF 5.7 MB) 読者の感想


       

秋山直樹
A5判 180ページ
ペーパーバック
初版 2021年4月
ISBN 978-4-815-02644-8
発行 デザインエッグ
定価 ¥1,991(税込み)
表紙の写真 裏表紙の写真
表紙 (クリックすると拡大) 裏表紙 (クリックすると拡大)

ビートルズのレコードが新譜として日本で発売されたのは1964年から1970年。著者は中学2年ないし大学3年生でした。 当時、ビートルズの音楽、ニューズ、映像が著者の耳と目にどのように届いたか、著者の心は何を感じたか、周囲の状況はどのようだったかなどを、年度順につぶさに語ります。 英国と日本における詳細なディスコグラフィーを併記しています。

リアルタイムのビートルズが取り上げている主なテーマやエピソード:
★ 日本のメディアによる国内初のビートルズ関連報道    ★ ビートルズの人気を後押ししたラジオ番組と月刊誌    ★ “プリーズ・プリーズ・ミー”、“抱きしめたい”、“シー・ラヴズ・ユー”の発売順序と発売時期    ★ 当初ビートルズはなぜ多くの人から毛嫌いされたか    ★ 『ビートルズに夢中になったのは一クラスで片手の人数ほどの不良だけ』という噂は真実か    ★ 映画 A Hard Day's Night で見過ごすべきでないシーン    ★ 英米でシングル盤にならなかったのに日本でヒットしたビートルズ・レコード    ★ ビートルズ派とヴェンチャーズ派    ★ 映画 Help! の封切り映画館が入れ替え制を導入    ★ Yesterday がもたらした一大転機    ★ 流行ファッションの先端にあったビートルズの装い    ★ 輸入盤の利点    ★ 邦題『ノルウェーの森』の由来    ★ ビートルズ訪日の詳細    ★ 『武道館で演奏が聞こえなかった』という話は本当か    ★ 1966〜67年におけるポール・マッカートニーの人気は男性歌手としてもトップ    ★ TV映画 Magical Mystery Tour の公開手順    ★ 映画 Yellow Submarine の封切りはどのようだったか    ★ 月刊誌“ミュージック・ライフ”による『ジョンとヨーコ』の報じ方    ★ ロングランになった映画 Let It Be    ★ ポール・マッカートニーの脱退宣言は朝日新聞も報道    ★ 海賊盤の功罪

当サイトに“目次”“索引”のページ、並びに内容見本を掲載してありますので、これもご覧ください。

Amazon.co.jp では、このページで販売しています。最寄りの書店から取り寄せてもらうことも可能です。

ソフトカバー版もあります。


Copyright © 2021 by ALS Japan.  All Rights Reserved.